スキップする

第2期 たつけ認定講師

第1期のたつけ講座認定講師をご紹介いたします。認定のための講座と課題を経て、講師になられた皆さんです。
石徹白のたつけをともにお伝えする仲間が増えて嬉しいです。
講師のみなさんは、それぞれお住まいの地域でワークショップを開催しますのでぜひご参加ください。ワークショップの情報は以下のページからご覧ください。

ワークショップ一覧

 長濱久美子

活動地域:静岡県掛川市

ワークショップ情報

「環境問題や災害への懸念など子供の頃から気になっていたことに加え、大人になって感じた大量消費社会への疑問や違和感。ぐるぐるモヤモヤと考え、調べ、たどり着いたことのひとつが「端切れの出ない服を作ること」でした。そして出会ったのが石徹白洋品店さんのたつけの作り方です。
この度「たつけ講師認定講座」という機会をいただき、石徹白の地に足を踏み入れ、雄大な自然とその土地の文化に触れ、そこに住む人々のお話を聞かせていただきました。石徹白のたつけ作りによってそこに息づく先人の知恵や工夫を感じ、忘れていた何かを思い出すような感覚を共有できたら幸いです。」

 

 吉野香織

活動地域:神奈川県

ワークショップ情報 

「自然豊かな神奈川県大磯町に移り住み、山や野の恵みを楽しみ、染めや糸紡ぎなどの手仕事も楽しむ中で、野良着であった「たつけ」を知りました。
元々手縫いでちくちくと服を作っていましたが、どうしても端切れが出てしまう。でもたつけは、ほとんど無駄な布が出ない。しかも、各々の身体に合わせてオーダーメイドのような身につける衣服を作れてしまう!着心地もいい。
これはたつけならでは、手作りならではの醍醐味だなと、課題のたつけを何本も縫っていく中で感じました。
たつけはお裁縫に慣れている方には楽しいパズルのようですし、慣れない方でもゆっくり一つづつ進めていけば自分だけの一着が仕上がります。
自分で縫った服を着ると、じんわりと幸せなんです。」
石徹白での時間を胸に、ご縁のある方それぞれのペースでたつけを仕上げていくお手伝いが出来きたら嬉しいです!

 

  

墨順子

活動地域:兵庫県三田市

ワークショップ情報 

 

 

ワークショップ一覧