スキップする

[たつけ布]リネン生成/ 手作り用

¥5,700

たつけづくりにおすすめの布

たつけをご自分で手作りされるための布です。たつけ作りに必要な35cm巾の布を作りました。長さは4.5mありますので、当店のサイズ4(身長~190cm、ウエスト85cm~、ヒップ110cm~)程度までの幅広いサイズを作ることが可能です。


34-35cmにカットしてロックミシンで端始末してありますので、裁断が楽にできます。

本店で行っているたつけワークショップで使っているリネン平織りの中肉の生地です。真冬以外の3シーズンお使いいただけます。初心者向きの手縫いしやすい生地です。

使い始めは張りがありますが、使ううちに柔らかくなります。


「たつけの作り方」とセットでご活用ください。

なお、この冊子をベースにした作り方の細かい説明を映像にしました。
こちらは無料でYouTubeでご覧になることができます

 

■布について

素性 麻 100%
産地 滋賀県
布幅 35cm(34cm-35cmの場合もございます)
長さ 4.5m

■洗濯について

縫製する前に手洗いか、ネットに入れて弱流水で洗ってください。
洗濯機や洗い方によって縮む場合がございますのでご注意ください。

■制作ストーリー

石徹白洋品店は自社のズボンの作り方を公開しています。今回は手作りするために必要な布を企画しました。その理由は、私たちも同様に、地域の方から「たつけ」の作り方を惜しみなく教えていただいたからです。

かつては当たり前のように誰もがたつけを作り、家族は皆それを穿いていたそうです。自分たちで自分たちの暮らしを当然のように作り出してきました。

私たちは先人のような生活をすべて実践することはできませんが、手で作ることの楽しみや、自分で作ったものを着る喜びを一人でも多くの方と分かち合いたいと考え、ワークショップなども定期的に行っています。

Customer Reviews

Be the first to write a review
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)

最近閲覧した商品

itoshiro_logo80-2_130x2x__PID:7cd5ed32-ad83-4f2a-bdbb-8688cc5a4939

失われつつあった
日本古来の服の知恵と心を学び
次の世代へつなげたい

縄文から続く山間集落・石徹白(いとしろ)で、
地域に伝わる衣服を復刻、リデザインしています

「直線裁断」布に無駄のない形
「藍染・草木染」この土地で育つ植物で染めています

石徹白洋品店について