スキップする

[たつけキット]ウールリネン(レスキュー・濃紺)/手縫い

$90

たつけを手縫いで作るためのキットです。ご家庭に裁縫道具を一式お持ちの方向けに、たつけ作りに必要な材料をキットにしました。当店のサイズ3(身長~180cm、ウエスト~85cm、ヒップ~120cm)程度までのサイズを作ることが可能です。

「たつけの作り方」冊子とセットでご活用ください。


 なお、この冊子をベースにした作り方の細かい説明を映像にしました。こちらは無料でYouTubeでご覧になることができます。

 今回キットにした生地は「レスキュー」したものです。レスキューとは、質は良いものでも大手メーカーさんの生産ロットに合わないなど生産側の都合で廃棄に回ってしまったものを救い上げた布です。

ウールリネンのしっかりとした風合いと、濃紺のパリッとした雰囲気はたつけにぴったりだと考え、レスキューしました。薄手の平織りなので春から秋にかけて着られます。縫いやすい布なので初心者の方でも気軽に取り組めます。

乾きやすく着用感も気持ちが良いのでとてもおすすめです。限定数となりますので気になった方はお早めにお求めくださいね。

<内容>
・生地:ウールリネン濃紺無地 幅35cm 長さ 4.5m

洗うと横幅が0.5cmほど縮みます。事前に洗濯機で洗ってプレスしてからお使いいただくと縮みの心配がありません。

・ウエストゴム:幅2cm 長さ1m *テキストに従ってお使いください

・ウエスト紐:幅1.2cm  長さ2m(二重織)*お好みでお使いください

・手縫い糸:ダルマ家庭糸 綿100%  濃紺 太口(#20) 100m

・裁断方法、折り伏せ縫いの方法に関する説明書

  

*全てを手縫いで作ることは可能ですが、端の始末が折り伏せ縫いになるので技術と時間が必要です。生地の端始末には、ロックミシンまたはジグザクミシンが便利です

 

<商品の完成イメージはこちら>

 ※動画の商品は生地違いです。デザイン・形の参考として閲覧下さい。

■制作ストーリー

石徹白洋品店は自社のズボンの作り方を公開し、今回はキットの制作を試みました。その理由は、私たちも同様に、地域の方から「たつけ」の作り方を惜しみなく教えていただいたからです。

かつては当たり前のように誰もがたつけを作り、家族は皆それを穿いていたそうです。自分たちで自分たちの暮らしを当然のように作り出してきました。

私たちは先人のような生活をすべて実践することはできませんが、手で作ることの楽しみや、自分で作ったものを着る喜びを一人でも多くの方と分かち合いたいと考え、ワークショップなども定期的に行っています。

最近閲覧した商品