スキップする

[いとしろ聞き書き集]石徹白の人々Ⅲ

¥1,500

あと3点です

石徹白地域の70−80代のおじいさん、おばあさんから聞いた話を、そのまま書き起こして編集した「聞き書き集」を作りました。

地域の古い話、昔の生活の話が8編収録されています。
昔の話を知りたい方、石徹白のことを知りたい方におすすめです。

発行:石徹白聞き書きの会
発行日:2020年3月31日
表紙イラスト:伊藤美穂
題字:岩瀬崇

仕様:ソフトカバー 159ページ モノクロ

*発送について:こちらの商品は日曜日までに来たオーダーを、毎週月曜日発送予定です。到着に少々お時間をいただきますが、ご了承ください。

■制作ストーリー

この本は、石徹白洋品店としてではなく、店主の平野が個人的な活動として行っている地域での「聞き書き」を石徹白公民館としてまとめた本です。

聞き書きとは地域のお年寄りに話を聞き、それを書き起こしし、編集し、あたかもその方が話しているような形で表現する手法です。

石徹白の長老らが、どんな気持ちでここで暮らしてきたかが手に取るようにわかるもので、私たちがここで住んでいくに当たってたくさんのヒントをいただいています。

思わず笑みが溢れるような、あるいは涙がこぼれるようなお話もたくさんある読み応えのある聞き書き集です。

最近閲覧した商品

itoshiro_logo80-2_130x2x__PID:7cd5ed32-ad83-4f2a-bdbb-8688cc5a4939

失われつつあった
日本古来の服の知恵と心を学び
次の世代へつなげたい

縄文から続く山間集落・石徹白(いとしろ)で、
地域に伝わる衣服を復刻、リデザインしています

「直線裁断」布に無駄のない形
「藍染・草木染」この土地で育つ植物で染めています

石徹白洋品店について