たつけを教わると、それは全て直線裁断、直線縫いで作られています。

洋裁を学んだ私にとって、
ズボンが直線縫いで作ることができるとは、衝撃的でした。

そして、この先人の知恵の詰まった機能的な服を復刻させたいと思いました。

 

デザインから染色に到るまで、
石徹白らしいものを作りたいという思いで

身の周りで採れる植物を使った草木染めや、藍染を行いながら
この土地の豊かな恵みと共に服作りを行っています。

 

 

 

>1.石徹白洋品店とは
2.服の型
3.顔の見えるものづくり
4.目指していること