当店では、地域で作られてきた作業着などをベースに服づくりをしています。この地域で作られてきたのは、すべて直線裁断の服です。麻を畑で育てるところから布を作ってきたかつての日本人らは、布をいかに無駄にせずに服を作ることを考えてきたのでしょう。
石徹白洋品店は、その技術と知恵、そして精神を受け継いだ服づくりを行っております。

 

たつけ

農作業の時に誰もが穿くズボンとして、石徹白で作られてきました。お尻にゆとりがありますが、足裾が絞ってあるので、動きやすく、どんな作業にも最適な形です。

動きやすいズボンであるにもかかわらず全て直線裁断・直線縫いで組み立てられています。

 

はかま

たつけで働いて、家に戻ると、はかまに着替えたそうです。あるいは、雪の降る日に着物の上から着物をたくしあげて穿くことで、カッパがわりにも着用したと聞いています。たつけよりワイドでゆったりしたパンツです。

長方形4枚と、正方形1枚がメインのパーツです。これほどまでシンプルな構造でパンツが構成されています。

 

かるさん

たつけとはかまの間のような形です。たつけでは細くて動きにくいお年寄りや体型に特徴のある方が工夫を重ねて作り、日常着として使っていたと思われます。たつけの動きやすさと、はかまのゆったり感を両方実現したパンツです。

このズボンは石徹白で一般的に作られてきたというより、たつけとはかまの中間のズボンを好んでいたあるおばあさんが独自に作り出したようです。裁断図は、昔の服を採寸し、編み出したものです。

 

越前シャツ

洋服のYシャツが入ってきた頃から、その形を真似て作った男性用の作業シャツです。手に入りやすい着尺の反物で作られていた上、それまでの和裁の技術がベースとなっているので、前ボタンのシャツでありながら直線裁断で作られている希少なパターンです。越前(福井県)の方から買ってきた縞やチェック、無地の反物で作られたので越前シャツと名付けられたのではないかと考えられます。

シャツだけれど、襟ぐり以外はほぼ全て直線裁断で作られています。布が足りなかったからか、片方の身頃には切り替えがあり、それがかえってデザインラインになっています。

 

さっくり

着物のような形状ですが、袖が1枚の長方形からできている「もじり袖」になっています。おばあさんがたつけやはかまの上に着ていた上着です。

*「さっくり」は大麻を糸にするときに削ぎ落としたクズわたとからむしを撚り合せて作った糸によって手織りされたざっくりとした布のこと、その布で作った上着のことを指す言葉でもあります。

 

これらの伝承されてきた直線裁断の服をベースに、現代のライフスタイルに見合った仕様・デザインを加えた創造的な服づくりを行っています。