衣食住のうちの「衣」は、産業革命と同時に工業化され、今では、私たちの手から遠く離れたものになってしまいました。私たちは、「衣」を生み出す営みを、自分たちの手に取り戻すことがとても大切なことだと考えています。

多くの方に、手仕事や土から衣が生み出される営みを体験していただきたいと考え、四季折々、様々なワークショップを開催しております。

草木染め体験

季節の草木花を集め、煮出し、染め上げます。杉、栗、くるみ、センダングサなど周りの植物を使って染めます。鉄媒染の作り方もお伝えいたします。毎年5月と10月に行います。

藍染め体験

お好みの柄の絞りなどをほどこし、藍甕で本格的な染めを体験します。

染めた布は川など、美しい水で洗います。6月から9月までの夏の間のみの体験です。

たつけづくり講座

2泊3日で手縫いでたつけを作る石徹白をまるごと味わう講座です。2月、3月、8月に石徹白で毎年開催しております。

石徹白以外の土地での展示会中など、ミシンで1日でたつけを作るプログラムを実施しています。ミシン経験者のみ参加可能です。